京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

介護未経験者確保等助成金

介護未経験者確保等助成金

概要

介護関連事業者が、介護関係業務の経験者(65歳以上の者及び新規学卒者を除く)を雇入れた場合で、1年以上継続して雇用することが確実である場合に助成する。

 

給付要件

助 成 金 額

介護関係業務の未経験者を雇入れた場合
(65歳以上及び新規学卒者を除く)

50万円(6ヶ月ごとに2回に分けて支給)
下記の①・②の両方に該当する場合は100万円

①雇入れ日時点で25歳~39歳である方
②過去1年間に雇用保険の一般被保険者でなかった方

※雇用する雇用保険被保険者数の総数に応じて、助成の対象となる労働者数が異なります。

 

受給要件

受  給  要  件

① 雇用保険の適用事業所であること

② 介護サービスの提供を行う事業主であること

③ 介護関係業務の未経験者を雇用保険一般被保険者(1週間の所定労働時間が30時間未満のものを除く)を雇入れ、1年以上雇用することが見込まれるもの

④ 雇入れ日の前日から起算して6ヶ月前の日から支給申請までに、事業主の都合で労働者を解雇(退職勧奨を含む)していないこと

⑤ 雇入れ日の前日から起算して6ヶ月前の日から支給申請までに、特定受給資格者(注)となるものが6%を超えないこと(特定受給資格者となるものが3人以下の場合を除く)

⑥ 労働者の離職、雇入れ、賃金の支払い等の状況を明らかにする書類を整備していること

※「特定受給資格者」とは、離職理由が再就職の準備をする余裕がなく離職を余儀なくされた者で、離職理由が「解雇」又は「事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職のもの

※支給申請日において、過去2年間を超える労働保険料滞納や3年以内に助成金の不正受給がある場合は不支給

 

ワンポイントアドバイス

本助成金は介護関係企業が未経験の従業員を雇用した場合の助成金です。他の助成金と比べ、非常に受給の可能性の高い助成金でありながら、条件によっては1人当たり100万円の受給が可能です。介護関係の企業はぜひとも活用してください。