京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

HOME > 教育訓練・研修時に使う助成金 > パートタイム助成金 > パートタイム助成金 (パートタイマー均等待遇推進助成金)

パートタイム助成金 (パートタイマー均等待遇推進助成金)

パートタイム助成金 (パートタイマー均等待遇推進助成金)

概要

パートタイマーから正社員への転換制度の導入など、パートタイマーのやる気を引き出す取組に努力する会社(規模を問わず)が利用できます。

 

給付内容

パートタイマーに対する下記の内容(メニュー)を新たな制度として導入し、該当者が出たときに、下記の額が一度限り2回に分けて受給できます。

メニューの種類

第1回目

第2回目
(カッコ内は大企業)

①正社員と共通の評価・資格制度導入 

25万円

35万円(25万円)

②パートタイマーの能力・職務に応じた
   評価・資格制度の導入

15万円

25万円(15万円)

③正社員への転換制度の導入

15万円

25万円(15万円)

④短時間正社員制度の導入

15万円

25万円(15万円)

⑤教育訓練制度の導入

15万円

25万円(15万円)

⑥健康診断制度の導入

15万円

25万円(15万円)


受給要件

受給要件

①パートタイマーを10人以上雇用している場合は、短時間雇用管理者を選任し、都道府県労働局長に
   届け出る必要があります。

②新制度の導入時には、一定の要件を満たす就業規則等を作成することが必要です。

③メニュー①と②は同時にどちらかを選択することとなります。メニュー①②⑤は、パートタイマーの
   2分の1以上が雇用保険の被保険者等の要件があります。

 

ワンポイントアドバイス

この助成金は、制度を新たに導入し、2年以内に対象者が出た場合に支給されますが、申請は、対象者が出た後3か月以内に行う必要があります。