京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

HOME > 仕事と家庭支援に使う助成金 > 両立支援レベルアップ助成金(代替要員確保コース)

両立支援レベルアップ助成金(代替要員確保コース)

概要

育児休業(3か月以上)を取得した従業員の代替要員を確保し、かつ育児休業取得者を原職等に
復帰させた会社が活用できます。(代替要員は派遣社員でも可能です。)

 

給付内容

原職等復帰について平成12年4月1日以降新たに就業規則等に規定した事業主の場合

 

一般事業主行動計画策定・届出あり

300人以下で

一般事業主行動計画策定・届出無

中小企業

50万円

40万円

大企業

40万円

30万円

上記の対象従業員が生じた日の翌日から5年以内に、2人目以降の対象従業員が生じた場合、1人当たり

(上記最初の対象従業員と合わせて1事業所当たり年間10人まで)

中小企業 15万円

大企業  10万円

 

受給要件

受給要件

① 育児休業取得者を育児休業(産後休業終了後に引き続き育児休業をする場合には産後休業)を開始する日までに雇用保険の被保険者として1年以上継続して雇用していること(平成22年4月1日以降は、開始日に雇用保険の被保険者であること)が必要です。

② 育児休業取得者を育児休業終了後に引続き雇用保険の被保険者として6カ月以上雇用していることが必要です。

③ 代替要員は育児休業期間中において、以下のすべての条件を満たしていることが必要です。
     1、育児休業取得者と同一の職務であること。
     2、育児休業取得者と同一の所定労働時間であること。
     3、3か月以上勤務すること。

※育児休業取得者の原職等の復帰について、平成12年3月31日までに既に就業規則等に
規定している事業主の場合は、1人目から15万円(大企業は10万円)です。

 

ワンポイントアドバイス

この助成金は、中小企業子育て支援助成金とは併給できないため、どちらかを選択することとなります。

子育て支援助成金を受けられない100人以上の企業、又は、100人未満でも要件を満たさなかった
企業などはこちらの助成金をお勧めいたします。

 

社員の仕事と家庭支援に使える助成金

仕事と家庭の両立支援に使える助成金には大きく分けて

1.中小企業子育て支援助成金
2.両立支援レベルアップ助成金(育児・介護費用等補助コース)
3.両立支援レベルアップ助成金(子育て期の短期間勤務支援コース)
4.両立支援レベルアップ助成金(代替要員確保コース)
5.両立支援レベルアップ助成金(休職中能力アップコース)
6.両立支援レベルアップ助成金(職場風土改革コース)

以上のパターンがあります。

 

1.「中小企業子育て支援助成金」

常用労働者100人以下の企業において、育児休業取得者、育児短時間勤務制度の
適用者が初めて生じた場合に申請可能な助成金。

 

2.「両立支援レベルアップ助成金(育児・介護費用等補助コース)」

事業主が育児・介護サービス業者と契約して労働者に利用させる措置又は労働者が
利用する育児・介護サービスにかかる費用の補助を実施したとき、その費用の一部を
助成します。

 

3.「両立支援レベルアップ助成金(子育て期の短期間勤務支援コース)」

小学校3年生修了までの子を養育するために、短時間勤務制度を設け、労働者に利用
させた事業主に対する助成金。

 

4.「両立支援レベルアップ助成金(代替要員確保コース)」

育児休業取得者の代替要員確保と原職等へ復帰制度を定め、実施した事業主に助成
します。

 

5.「両立支援レベルアップ助成金(休職中能力アップコース)」

育児休業者又は介護休業者が、スムーズに職場復帰できるよう、職場適応性や職場能
力の維持回復を図る措置を実施した事業者に対して助成します。

 

6.「両立支援レベルアップ助成金(職場風土改革コース)」

両立支援制度を労働者が利用することができるような職場環境整備を計画的に行う事業主を(財)21世紀職業財団地方事務所が指定し、成果をあげた場合に助成します。

 

社員の仕事と家庭支援をする場合の助成金はこちらになります!

社員の仕事と家庭支援をお考えの方はこちら!

中小企業子育て支援助成金

両立支援レベルアップ助成金(育児・介護費用等補助コース)

両立支援レベルアップ助成金(子育て期の短期間勤務支援コース)

両立支援レベルアップ助成金(代替要員確保コース)