京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

HOME > 人材の採用に使える助成金 > 特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

概要

雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワークまたは一定の有料・無料職業紹介事業者の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇入れた事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に助成する。

 

給付内容

対象労働者(雇入日時点で65歳以上の者)

助成額

大企業

中小企業

短時間労働者以外の者 ※

50万円

90万円

短時間労働者 ※

30万円

60万円

※ 短時間労働者以外の者とは、1週間の所定労働時間が30時間以上の者をいいます

※ 短時間労働者とは、1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の者をいいます

 

受給要件

受給要件

① 雇用保険の適用事業主であること

② 雇入れ日における満年齢が満65歳以上の者であること

③ ハローワーク等の紹介で雇入れた者であること

④ 紹介日及び雇入れ日現在で高年齢継続被保険者又は短期雇用特例被保険者でないこと

⑤ 対象労働者の雇入れの日の前後6か月間に解雇等(事業主都合の勧奨退職を含む)したことがないこと

⑥ ハローワーク等からの紹介以前に雇用の内定のあった労働者を雇入れたものでないこと、その他

※ 助成金の支給対象期間中に対象労働者を解雇・勧奨退職等させた場合は助成金は受給できません。

 

ワンポイントアドバイス

雇用保険からの助成金は、通常は65歳までの人を対象としますが、本助成金は65歳以上の人を助成対象としているので見落としがちですのでご注意を。

 

 

人材採用をする場合に使える助成金

人材の採用の時に使える助成金には大きく分けて

1.試行雇用(トライアル雇用)
2.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)
3.特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

以上のパターンがあります。

 

1.「試行雇用(トライアル雇用) 」

特定の求職者を一定期間、試しに雇用して、雇用の機会を創出した時に申請可能な助成金。

 

2.「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」

高齢者や障害者などの特定就職困難者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

3.「特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金) 」

65歳以上の高齢者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

人材採用をする場合の助成金はこちらになります!

人材採用をお考えの方はこちら!

試行雇用(トライアル雇用)

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)