京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

HOME > 人材の採用に使える助成金 > 若年者等正規雇用化特別奨励金

若年者等正規雇用化特別奨励金(平成24年3月31日まで)

概要

「トライアル雇用の対象となる者」、「25歳以上40歳未満の年長フリーター」又は「採用内定を取り消されて
就職先が未決定の学生等」を正規雇用する事業主が、一定期間毎に引き続き正規雇用している場合に
事業主に助成する。

 

給付内容

助   成   金   額   ( )内は大企業の場合

トライアル雇用の対象者、年長フリーター、採用内定取り消し者

等を正規雇用した場合

計 100万円

(計50万円)

1期

50万円(25万円)

2期

25万円(12.5万円)

3期

25万円(12.5万円)

 ※常用雇用開始の日から起算して、6カ月を1期、1年6カ月を2期、2年6カ月を3期。各期を経過してから1カ月以内に申請。

 

受給要件

受給要件

① 年長フリーターの場合、ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出し、ハローワークを経由して正規に雇用、あるいはトライアル雇用から引き続き同一事業所において正規雇用すること

② 正規雇用後は、期間の定めのない労働契約であること

③ 年長フリーター、トライアル雇用の対象者の場合、雇入れあるいはトライアル雇用開始日前1年間に雇用保険の一般被保険者ではないこと

⑤ 内定取り消し者の場合、採用内定を取り消されて、就職先が未決定の新規学校卒業者をハローワークの紹介により正規雇用すること

⑥ 内定取り消し者の場合、雇入れ日において、満40歳未満であること

⑦ 雇入れの前6カ月から助成金の申請日までに事業主の都合で労働者を解雇したことがないこと

⑧ 資本的・経済的・組織的関連のある事業主からの雇入れではないこと

⑨ 紹介の以前に雇用の予約がないこと

⑩ 対象者を雇用保険の被保険者として雇入れること

⑪ 雇入れの前6カ月から助成金の申請日までに6%以上、かつ3人を超える特定受給資格者を発生させていないこと

※「特定受給資格者」とは、離職理由が「会社都合等」により離職を余儀なくされた者
※支給申請日において、過去2年間を超える労働保険料滞納や3年以内に助成金の不正受給がある場合は不支給

 

人材採用をする場合に使える助成金

人材の採用の時に使える助成金には大きく分けて

1.試行雇用(トライアル雇用)
2.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)
3.特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

以上のパターンがあります。

 

1.「試行雇用(トライアル雇用) 」

特定の求職者を一定期間、試しに雇用して、雇用の機会を創出した時に申請可能な助成金。

 

2.「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」

高齢者や障害者などの特定就職困難者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

3.「特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金) 」

65歳以上の高齢者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

人材採用をする場合の助成金はこちらになります!

人材採用をお考えの方はこちら!

試行雇用(トライアル雇用)

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)