京都,大阪の中堅・中小企業のための助成金・公約融資・補助金に関して、経験豊富な専門家が対応

HOME > 人材の採用に使える助成金 > 試行雇用(トライアル雇用)

試行雇用(トライアル雇用)

概要

職業経験、技能、知識等から就職が困難な特定の求職者をハローワークからの紹介により一定期間試行的に雇用した場合に支給されます。

 

給付内容

就職困難者の試行雇用に対する奨励金

 

1名あたり

限度

奨励金の額

40,000円/月

120,000円(3カ月)

※月給100,000円未満の場合は、その月給の半額が上限

 

受給要件

受給要件

① 雇用保険の適用事業主であること(労働者の雇入れ後、適用事業所となること)

② ハローワークから推薦、紹介された以下の対象労働者を試行的に雇い入れること
       ・45歳以上の中高年齢者(原則として、雇用保険受給資格者であるか、被保険者資格喪失日前
        1年間に6カ月以上被保険者期間があること)
       ・40歳未満の若年者等
       ・母子家庭の母、障害者
       ・日雇い労働者、ホームレス など

③ 雇い入れ開始後、雇い入れ期間中に実施する指導、訓練や常用雇用へ移行のための要件等を
    記載した実施計画書を本人の同意を得た上、ハローワークに提出すること

④ 雇い入れ期間中、業務遂行に必要な指導の他必要に応じて、事業所内での研修、専修学校等の
    外部の教育機関での訓練等、対象労働者の能力開発を行うこと

⑤ 過去3年以内に雇用したことがある者を再び雇用するものでないこと

 

ワンポイントアドバイス

試行雇用の期間が3カ月と短く、常用雇用への転換も義務付けられていないため比較的活用し易い奨励金です。採用コストをかけず、且つ雇用のミスマッチを防ぎたい事業主にお勧めです。

 

 

人材採用をする場合に使える助成金

人材の採用の時に使える助成金には大きく分けて

1.試行雇用(トライアル雇用)
2.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)
3.特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

以上のパターンがあります。

 

1.「試行雇用(トライアル雇用) 」

特定の求職者を一定期間、試しに雇用して、雇用の機会を創出した時に申請可能な助成金。

 

2.「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」

高齢者や障害者などの特定就職困難者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

3.「特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金) 」

65歳以上の高齢者を、一定の要件を満たす形で雇入れた際に申請可能な助成金。

 

人材採用をする場合の助成金はこちらになります!

人材採用をお考えの方はこちら!

試行雇用(トライアル雇用)

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)